第3回意見交換会(終了)について

日 時:2016年8月15日(月)

会 場:立教大学

参加者:20名

次 第:

 1.経過報告:長友恒人

 2.意見交換:進行は市瀬智紀

    ・自己紹介

    ・意見交換

 <この後、設立準備会に移行>

 

意見交換(質疑及び意見)の主な内容は以下のとおり。

  • 若手の人がどんどんはいってくるような学会の規模が大事。300人を超えていないとカウントしない。日本学術会議協力学術団体では100人以上の研究者がいないとだめ。設立のときは人がそろう必要がある。社会的評価を得なければならない。環境学の成立によって学際が可能になった。今度は、学際をこえるインターディシプリン。学会成立のために、科研で萌芽的研究とか基盤をとれるとよい。人づくりが大切。地方創生・グローカルの視点も大事である。
  • ESDの活動はユネスコスクールを母体に活動のメインにすることになっている。APSユニブネットも一つひとつの学校にアプローチしていない。現状では日ユ協とユネスコスクールは関係ない。学会はACCUと日ユ協をつなげてほしい。
  • 新宿のN小学校はネットワークからはずれている。独立愚連隊状態。新宿ユネスコ協会が支援している。ネットワークからはずれているところへの支援も学会の役目ではないか。
  • ESD活動支援センターの構想がある。現在環境教育学会は、1300人で幅が広い。ユネスコスクールだけがESDをやっているのではない。